法人専用のクレジットカード

法人専用のクレジットカードは個人向けのそれらとは、大きく異なる独自の特徴を有しています。
このサイトでは現在法人カードの自社導入を検討中の経営者各位に知っていただきたい、法人専用カードの基礎知識をお伝えします。

法人専用カードの契約者は当然企業であり、利用可能な人物を特定制限する契約が可能です。
その判断は企業毎に異なりますが、一般的には取締役のみに限定というスタイルが多く導入されています。
次にいわゆる「親カード」に対する、複数の「子カード」の同時作成が可能です。
この「子カード」は利用方法の制限設定が可能で、例えば営業担当者が営業車のガソリン補給に限って利用、もしくは接待費限定でのショッピング決済のみ利用可能など、利用方法を限定する事で経費の無駄遣いを抑える効果が得られます。
その他法人カードを用いての航空券やきっぷのオンライン予約手配、提携宿泊先の優先予約など、カードに付帯された各種特典も、法人利用に特化した内容が揃っています。

更に利用明細をデータ化し、契約者である法人で一括管理出来るサービスを導入している法人カードも多く、経理処理上の負担軽減効果も得られます。
従来の現金精算であれば、領収証をその都度貰い、社員が一旦立て替える、あるいは事前の仮払いをその都度経理担当者が精算し、それを記帳確認する作業が不可欠でしたが、こうした一連の流れの簡素化効果は絶大です。
法人専用クレジットカードの関連情報は、インターネット検索でも簡単に閲覧出来ます。